So-net無料ブログ作成

畑とお茶畑の仕上げ【西武安比奈線の情景 16】 [西武安比奈線]

まず茶畑を仕上げます。茶系のパウダーとターフを
ミックスして地面に散布します。
b-IMGP3117.jpg

b-IMGP3119.jpg

丸棒にパウダーを散布して作成したお茶の木を、地面に
並べて接着します。
b-IMGP3125.jpg

お茶畑の周囲に低い灌木を植えました。
b-IMGP3127.jpg

次は畑の仕上げです。3面にしたので、間のあぜ道と
道路との境界部分に、パウダーを散布しました。
b-IMGP3129.jpg

b-IMGP3131.jpg

畑とお茶畑の全景です。
b-IMGP3132.jpg

お茶畑づくり【西武安比奈線の情景 15】 [西武安比奈線]

狭山茶の産地ということもあり、お茶畑を住宅地の
横に作ります。
b-IMGP3116.jpg

ホームセンターで買った直径4ミリの木製の丸棒を、約25ミリ
に切って15本用意します。この丸棒を、スタイロフォームの
切れ端に両面テープで張りつけます。
b-IMGP3087.jpg

緑色のスプレーで着色します。
b-IMGP3089.jpg

塗料が乾かないうちにパウダーを振りかけるつもりでしたが、
すぐに乾燥してしまいます。しかたないのでボンド水を塗り、
緑色パウダーを散布しました。
b-IMGP3097.jpg

畑づくり【西武安比奈線の情景 14】 [西武安比奈線]

畑の畝は段ボール紙を使います。片面だけはがしますが、
水に少し食器用洗剤を混ぜたものを吹き付けると、簡単に
はがれます。畝の高さは段ボール紙により各種あるので、
今回は目の細かいものにします。
b-IMGP3084.jpg

塗装しなくても十分土色なのですが、ウッドブラウンの
スプレー塗料を吹き付け、乾かないうちに茶色のパウダー
を散布しました。しかし塗料の吸収が早くて、パウダーが
あまり固着しませんでした。
b-IMGP3094.jpg

畑は3つに区分けし、間に畦を作ることにします。
b-IMGP3098.jpg

再度、茶系のパウダーを散布しました。
b-IMGP3102.jpg

3面の畑は、それぞれ異なる作物にします。畝の先端部に少し
薄めたボンドを塗り、明暗の緑色ターフを散布したものを2種、
フォーリッジクラスターを小さくちぎって接着したものです。
b-IMGP3106.jpg

b-IMGP3111.jpg

b-IMGP3108.jpg

b-IMGP3113.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。